放課後等デイサービス

2022.3.11職員集合写真2.JPG

放課後等デイサービス みのり

職員体制

管理者
児童発達支援管理責任者
児童指導員6名・保育士3名・理学療法士3名・作業療法士1名・公認心理師3名・社会福祉士2名・精神保健福祉士1名

ボランティア

子どもたちと関わる上で、次のことを行動指針にしています

・できないことに目を向けるのでなく、子どもの肯定的側面に目を向ける。

・障害や病気にばかり目を向けず、子どもをまるごと捉える。

・子どもの「願い」に目を向ける。(職員の願望と子どもの願いは違う)

・行動に着目するのでなく、子どもの「気持ち」に着目する。

・訓練や指導ではない。(遊びを通した成長・発達を見守る場である)

・問題と感じる行動が見られた時に、「どうするか」の前に「なぜそうしたのか」を考える。

・「困った子」は「困っている子」。

・職員同士で話し合い、子どもへの理解を豊かにする。

・とことん子どもたちと一緒になって行動し、泣いたり笑ったりすればいい。