Twitter
Facebook
 
ホーム » 匠に聞く 失敗しない家づくり » 其の23 匠からのメッセージ ~vol.1~

其の23 匠からのメッセージ ~vol.1~

昨年4月にスタートした「匠に聞く失敗しない家づくり」。「みんなのいえ」のイメージキャラクター・「イエティ」ファミリーが、マイホームを建てようと一大決心。家づくりの知識ゼロ、あわてんぼうで熱血なイエティ・ママが1年かけて11人の匠に会い、家づくりにまつわるさまざまな話をうかがった。今回は2回に分けて、印象に残った匠からのメッセージをピックアップする。

初めて訪ねたのは、宮崎市の「設計工房イズム」。
矢野代表から、
「家を建てる時に最初にすることは、土地探しでもモデルハウスを見に行くことでもありません。まず『資金計画』を立てることです。銀行から借りることができる金額と、自分たちが返済できる金額は違うということはご存知ですか」と言われ、衝撃を受けた。

そして都城市の井福建設では、「快適さ」が具体的な数字で見える家づくりについて井福社長に教えてもらった。
「設計段階で、建てる場所の日射量や風向きなどを考慮して、1年を通して心地良いと感じる室内の『温熱環境』をシミュレーションして建てていきます」。人や環境に優しい家づくりが可能なことを知る。

次に訪れた宮崎市の睦屋ホームの本園課長からは、家づくりとライフスタイルの変化について目からウロコの話を聞いた。
自然災害を意識して建てる方が増えている
リビングを重視した間取りが増えてきている
電化製品の種類が増え、サイズが大きくなっているので、収納方法やコンセントの数などをよく考える必要がある
家族の10年後を考え『楽しみ』をプラスした家にする
「家は建てて終わりではなく、建ててからがお付き合いの始まり」という言葉が印象的だった。

「庭づくり」の話をうかがったのは宮崎市のガーデン工房一ツ葉店の金丸店長。庭づくりは意外と費用がかかるので、予算を確保したうえで、家づくりと同時進行で行った方がいいとアドバイス。さらに、家族のシンボルツリーとして、ぜひ木を植えて欲しいと熱く語ってくれた。雑草対策や目隠しフェンスなど、エクステリアも進化していることを知る。

整理収納のプロ、宮崎市の株式会社 Natural-ing(ナチュラル・イング)の竹本社長が教えてくれたのは「6:4の法則」。
「一般的に家庭にある『もの』の割合は、『使わないもの』と『使っているもの』に分けるとおおよそ『6:4』だと言われています。私たちは使わないもののためのスペースを確保しようと躍起になっているんです」と言われ、耳が痛かったママ。
収納は、ものの『保管場所』ではなく、『取り出しやすい場所』にして循環させる仕組みにしなければいけないということを知る。

女性が一番こだわりたいキッチンについて話を聞きに訪れたのは、宮崎市にある「クリナップ」のショールーム。中ノ瀬所長から、「システムキッチン」を日本で初めて開発したのはクリナップであることを聞き驚く。
システムキッチン選びのコツは、予算はもちろんのこと、デザイン性や収納、手入れ、音、使い勝手など、キッチンに対してどんな悩みや要望があるかを整理してみることが大事と言われ、ショールームで最新のキッチンを体感。実際に使ってみることで、より自分の理想のキッチンが明確になった。

(次回へ続く)
其の24 匠からのメッセージ ~vol.2~
其の23 匠からのメッセージ ~vol.1~
其の22 いい思い出となる引っ越しを
イベント・お知らせ
2016年01月30日(土)~2016年01月31日(日)
オープンハウス
井福建設
開催中
体感住宅モデルハウス
設計工房イズム
2015年04月11日(土)~2015年04月12日(日)
オープンハウス
井福建設

物件がありません

物件がありません

物件がありません

 
住宅展示場・建築事例
S様邸

 外断熱の地熱を利用した高性能住宅で、夏の猛暑でも1台のエアコンで家の中すべてが...
設計工房イズム

H様邸

 亡くなられたご両親の想いの詰まったご実家を解体されてのお建替えで、2階建ての3...
設計工房イズム

S様邸

静かな住宅街にあり、ご主人の実家と隣合わせに建つ、平屋の約36坪のお宅です。ご家...
設計工房イズム

シーサイド佐土原

次世代に渡って住み継ぐことができる「レンガ積みの家」...
睦屋ホーム

F様邸

宮崎大学のグラウンド横に位置し、すぐ隣には公園がある環境に恵まれた56坪の平屋住...
設計工房イズム

加盟社一覧