Twitter
Facebook
 
ホーム » 匠に聞く 失敗しない家づくり » 其の18 住む人が主役の色選び

其の18 住む人が主役の色選び

〈前回までのあらすじ〉
外観や室内の色って、一体どんな風に決めればいいの!?と思い、イエティ・ママが訪れたのは、宮崎市のセレクトショップ「ルイール」。オーナーの原田裕子さんは、イメージコンサルタント、パーソナルカラーアナリスト、日本カラーデザイン研究所認定カラー&イメージエキスパートの資格を持つ「色」のスペシャリスト。

20161207column.jpg
「前回、後悔しない色選びのポイントは、『どんな暮らしをしたいのか』を追求していくことだというお話を聞いて、私も『Pinterest(ピンタレスト)』を始めたんです!そうしたら『好き』なテイストがなんとなく見えてきた気がします」とイエティ・ママ。

「前は漠然とヨーロッパの映画に出てくるような『おしゃれ』な暮らしをイメージしていたんですけれど、お気に入りの部屋の画像を集めてみると、壁や天井、家具などに白がたくさん使ってあって、床や天井の梁(はり)はアンティーク調の木材。室内に観葉植物がいっぱい置いてあって、おしゃれな『ナチュラル』テイスト満載でした〜」。

「イエティ・ママは、そのようなお家での暮らしが『好き』で『自分らしくいられる』ということが見えてきたんですね。ママのベーシックカラー(基本色)は白やベージュといった色かもしれませんね」と原田さん。

「ところで、リビングやキッチンはママがいつもキレイ&元気でいられる色を選ぶといいと言われていましたよね?それってどんな色なんですか?」と興味津々のママ。

「リビングやキッチンは、ママが主役になる空間ですよね。床や壁など面積の広い部分の色は、その部屋の主役になる人の背景色になるんです。ですからママに似合う色を選ぶといいんですよ」。

私たちは一人一人似合う色、いわゆる『パーソナルカラー』がある。肌の色が『イエローベース』と『ブルーベース』に大きく分けられ、さらに瞳や髪の色などから細分化される。例えばイエローベースの人がブルーベースの人に似合う色を選ぶと、顔色がくすんで疲れているように見えてしまうことも。

「ママとリビングやキッチンの雰囲気がマッチすると、ママがいつもキレイで元気にいられます。ママが元気だと家族みんなも元気になりますよね」と原田さん。

「確かにそうだわ!いつもニコニコ笑顔でいたいと思っているんだけれど、ちょっと元気がないときは、似合う色が助けてくれるかも!私のベースはイエロー、ブルーどっちかしら?」とママ。

「イエティ・ママはイエローベースなので、アイボリーやベージュといった黄味系を壁や床、カーテンなどに配色するといいと思いますよ」と原田さん。「インパクトのある色や好きな色は、カーペットや小物などに取り入れると、より自分らしさが演出できますよ」。

色には『暖色・寒色』『明るい・暗い』があり、その組み合わせでイメージが変化する。『茶色』一つをとっても、赤味のある茶色はクラシック・上品・重厚感なイメージ、黄味のある茶色はナチュラル・田園的といったイメージに。その色味に合う色もまた違ってくる。これらを混在させるとちぐはぐな印象になってしまうので要注意。

「あまり自分の好みを出しすぎると飽きがくることがあるので、個性を出したいのであれば、リビングなどのパブリックペースよりも、書斎や寝室などプライベートスペースでチャレンジしてみるといいでしょう」と原田さん。

「そうなのね。じゃあリビングは私に似合う色をセレクトするとして、子ども部屋は赤や黄色を使ってちょっとポップな雰囲気にしたいわ〜。元気いっぱいって感じでいいじゃない?あ、トイレや洗面所は清潔感のあるブルーがいいかも!」。少々暴走気味のママ。

「ママ、ちょっと待って!」とあわてて止めに入る原田さん。

「子ども部屋はカラフルな色を使いすぎてしまうと、心理的に遊びたくなってしまうんです。お子さんたちの成長を考えて、勉強に集中できる落ち着いた色の空間にしておいたほうがいいですよ。トイレなどは寒色系を使うと、それだけで冬にとても寒く感じてしまいます。ですから暖色系を選ぶと温度感を感じずにすみます。あくまでもベーシックカラーははずさずに、小物などで色使いは楽しみましょう」。

「ふぅ〜。危ない、危ない。建ててから後悔するところでした〜」。ママはもう少し落ち着いて考えるクセをつけなければ...。

「家づくりは大変と言われる方も多いのですが、家族の未来を語り合う絶好の機会。家が主役ではなく、そこに住む人が主役です。自分の感性だけでなく家族の価値観を確かめ合いながら、時間をかけて楽しく色選びをしてくださいね」と原田さん。

「本当にそうですね!とても参考になりました。家づくりがよりワクワクした楽しいものになりそう!」と大満足のママ。

色は私たちの人生を豊かにしてくれる最大のツール。だからこそ自分らしさとは何かをじっくりと考え、人生の大半を過ごす家には自分が一番落ち着く、好きな色を上手に取り入れていこうと誓ったママだった。

セレクトショップ「ルイール」FB


ルイール株式会社 代表取締役

原田 裕子さん


2016129prof.jpg
宮崎市出身。国内外から厳選した服・アクセサリー・靴・バッグを中心に、化粧品やライフスタイルグッズなども取り扱うセレクトショップ「ルイール」(宮崎市)のオーナーとして、幅広い年齢層の女性向けにカラーを軸とした魅せ方・装い方の提案やイメージアップのスタイリング術をアドバイス。また「色」の大切さをファッションだけでなく、暮らし・インテリア・恋愛・生き方・心といったライフスタイルに欠かせないものとして、カラー&イメージコンサルティングやカラーセラピー、講演、企業向けセミナー、専門学校講師、ブライダルカラープロデュース、プロのカラーアナリスト養成や、一般の方々向けのプライベートビューティーレッスンなどを行っている。
其の19 『気』の流れが良い家とは?
其の18 住む人が主役の色選び
其の17 暮らし方と色の関係
イベント・お知らせ
2016年01月30日(土)~2016年01月31日(日)
オープンハウス
井福建設
開催中
体感住宅モデルハウス
設計工房イズム
2015年04月11日(土)~2015年04月12日(日)
オープンハウス
井福建設

物件がありません

物件がありません

物件がありません

 
住宅展示場・建築事例
F様邸

宮崎大学のグラウンド横に位置し、すぐ隣には公園がある環境に恵まれた56坪の平屋住...
設計工房イズム

K様邸

 平屋風ですが、ロフト式の一部2階建てになっており、2階には将来の子供部屋(現在...
設計工房イズム

K様邸

イオン都城をはじめ、病院や飲食店など生活しやすい場所に建つ、床面積約36坪の平屋...
設計工房イズム

A様邸

 ご夫婦と3人のお子様のための2階建ての50坪となっております。私どもとしまして...
設計工房イズム

H様邸

 外断熱の地熱を利用した高性能住宅で、夏の猛暑でも1台のエアコンで家の中すべてが...
設計工房イズム

加盟社一覧